弁護士に相談する5つの理由

5reason_1

素人の方が保険会社と対等に交渉することは大変難しいです。また、交渉には交通事故処理に関わる知識も必要になります。一方、弁護士は交渉のプロ。あなたの側に立って、豊富な交通事故処理の経験を活かし全力で戦います。

5reason_2

保険会社はあくまで相手の代理人です。弁護士はあなたの味方です。あなたの利益を守るために交渉します。

5reason_3

示談交渉のためには、実況見分調書、休業証明書、後遺障害診断書など様々な資料が必要になります。これらは自分ひとりで集めることが難しいです。しかし、ご安心下さい。私、平間弁護士があなたの代わりに、有利な示談交渉に繋がる資料をご用意させて頂きます。

5reason_4

不備のない有利な示談書を作成できますか?弁護士があなたに有利な示談書をお作り致します。

5reason_5

交通事故の損害の種類はたくさんあります。ご存じですか?弁護士はこれらの不足がないように慰謝料の算定をします。そのため、弁護士に交通事故処理の依頼をして頂けると、賠償金額が増える場合があります。

  • 入通院費
  • 休業損害
  • 傷害による逸失利益
  • 後遺障害による逸失利益
  • 後遺症による慰謝料

交通事故相談の流れ

交通事故相談の流れ

フェーズ1:事故発生時の対応

フェーズ2:治療中の対応・損害認定

フェーズ3:示談・交渉

最新情報

2014年3月8日
交通事故ガイド
労災問題~通勤経路について~
通勤経路の問題、基礎の基礎 通勤中の事故には、労災保険が適用され、保険給付が受けられます。このように・・・
2014年3月8日
交通事故Q&A
通勤災害と休業補償
通勤の途中で使用者のために業務を行っていて、事故に遭った場合(通勤災害)はどうなるのですか? 休業補・・・
2014年3月8日
交通事故Q&A
異時共同不法行為となる交通事故
異時共同不法行為となる交通事故とはどのような事故でしょうか。 Xさん(40歳・男性)は、休日に釣りに・・・
2014年3月8日
交通事故Q&A
自動車運転過失致死傷罪
自動車運転過失致死傷罪とは、どういう罪なのでしょうか? ご説明の前に、刑法の規定を確認しておきましょ・・・
2014年3月8日
交通事故ガイド
自賠法3条の損害賠償請求権
交通事故に遭ったら 自動車による交通事故に遭った際は、民法の不法行為責任などとは別に、自動車損害賠償・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ